[Photo] 第二次世界大戦中の日本人収容所を収めたカラー作品 “Colors of Confinement”

1942年、日本軍の真珠湾攻撃の二ヶ月後、アメリカのルーズベルト大統領は、アメリカ西海岸に住む12万人の日本人と日系人(2/3はアメリカ国民)を強制収容所にいれるよう指示し、アメリカ国籍であるにも関わらず、日系人たちが迫害をうけた事実をご存知ですか?

ワイオミの強制収容所に送られた、Billy Mambo氏が、収容所の中で自分の家族や収容所での生活を撮影した、“Colors of Confinement(収監の色彩)” が、このたびニューヨークタイムズにて紹介されていました。ちかぢか写真集としても発売される予定とのこと。

 

Colors of Confinement – Slide Show – NYTimes.com
作者の息子、ビリーくんが金網を力強く握る印象的な映像が目に焼き付きます。明るい人々の生活の中にも、差別への怒りが感じ取れます。

続きを読む

広告

[訃報] ビースティー・ボーイズのMCAを偲んで

photo credit: Luke Robinson via photo pin cc

白人ラッパーグループ、ビースティーボーイズのMCAことADAM YAUCH氏が、数年間に及ぶガンとの闘病生活の末、47歳で亡くなったのは、2012年5月4日。この偉大なラッパー、活動家の死は、世界中を悲しみに包みました。
続きを読む

[Movie] 似てる?アッシュトン・カッチャーのジョブスルック

 First look at Ashton Kutcher as Steve Jobs

今年の五月から撮影中の故スティーブ・ジョブスの自伝映画”Jobs: Get Inspired”、これにジョブス役として登場するアッシュトン・カッチャーの最新画像がこちらです。ジョブストレードマークの黒いタートルに、スリムなデニム。実際作品の中ではどれくらい似てくるんでしょうか?
続きを読む

[Design] いくつわかった?Helveticaフォントで描かれたスーパーヒーローたち

photo credit: Stephen Poff via photo pin cc

Helveticaは、1957年にスイスで開発されたタイプフェイス。シンプルさのなかに説得力や力強さがあって、未だに第一線で活用され続けています。iPhoneなどでもお目にかかれますし。そのHelveticaを大胆にもスーパーヒーローたちにしてしまったアートワークがこちら。海外のものから、日本でもお馴染みのヒーローまですべてのアルファベットに対応してデザインされています。いくつわかりますか?
続きを読む

[Photo] ADAY.orgプロジェクトで世界と日常を共有しよう


ADAY.orgは、世界中の人々が2012年5月15日という日を一枚の写真として切り取り、それを世界中と共有しようという壮大でエキサイティングなプロジェクト。スウェーデンの非営利団体、Expressions of Humankindが、主催するオンラインイベントです。

続きを読む