[iPhoneアプリ] ジムをさぼったら罰金を取るガチなトレーニングモチベーションアプリ

スタートアップバブルは、本当にありとあらゆるアイディアのサービスを生み出していますが、ここまできたかというサービスがこのGymPact。2012年春、有名テック・インキューベーターのTechStarsから登場したトレーニングモチベーションアプリです。

GymPact 1.063(無料)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ゲーム
販売元: GymPact – Geoffrey Oberhofer(サイズ: 8 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)

夏は近い、言い訳はやめろ

春から新しい事を始めよう、夏にむけてダイエットのために、など、フィットネスジムの会員になった人も多いはず。でも、案外会員になるとそれだけで満足してしまったり、行こうと思っていても急な用事ができてしまったり、天気が悪い、疲れている、などいろんな理由をつけてなかなかいけなかったりするものです。最初はいけていても続かなかったりね。

そんな問題を解決するのが、このGymPact。GymPactでは、ユーザーが、一週間ごとにジムにいく日を設定し申請。もし、予定日にジムへいかなかったら、行かなかった日一日ごとに罰金が取られるという超スパルタシステム。トレーニングしないと、どんどんお金もなくなっていくというなんとも怖いシステム。ここまで追い込めばみんなもジムに行くでしょうってことらしい。ハーバード大学での人間行動科学に関する研究がベースになってはいるらしいけど・・・。

予定通りトレーニングすればいろいろ捗る

スケジュールに関しては、ユーザー次第なので、例えば週に2日だけでも、毎日でもどちらでもOK。大事な事は、予定した日にジムへいき、iPhoneアプリからチェックインすること。それによって、罰金を免れるのです。あとはしっかりトレーニングするだけ。

しかも、トレーニングして捗るのは、自分の健康面だけじゃない。なんとトレーニングしなかったユーザーから没収された罰金は、その日予定通りトレーニングをしたユーザーで山分けできるという仰天のシステム!つまり、健康も維持できて、お金ももらえちゃうと・・・。oh・・・。

まとめ

ちなみに、罰金は一日あたり最低$5が登録済みのクレジットカードから引き落とされ、トレーニングをするとだいたい$0.5〜$0.75くらいがユーザーに支払われるらしいです。もうここまできたら、「動機が不純すぎて、純粋にトレーニング楽しめなくなるんじゃないかな」なんて心配もしてしまいますが、なんとしてもダイエットしなくちゃいけない、なんとしても運動しなくちゃいけないという人には、うってつけのシステムなのかもしれません。僕は、近所を走り回るだけにしておきますけどね。

ちゃお!

こんな記事もあわせてどうぞ

[Running] ジョギング時のiPhoneの持ち方
[iPhoneアプリ]Runkeeper PROの賢い使い方-オートポーズを使う-
[メディア] 最近走ってる?Runkeeperの楽しいインフォグラフィック

広告

[iPhoneアプリ] ジムをさぼったら罰金を取るガチなトレーニングモチベーションアプリ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ANEGO » Blog Archive » Runkeeper社がGympact社と提携した

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中