[Design] あのジョブス画像のデザイナーが今度はコカコーラの広告で!

2011年10月に故スティーブ・ジョブス氏にささげる画像をデザインして一躍世界中の注目をあびた若干二十歳の香港在住デザイン学生Jonathan Mak Longさんが今度は、コカコーラ社とogilvyの共同企画”Open Happiness”というキャンペーンにデザイナーとして参加してます。その広告がこれ。

今回も顕在だったスマートでシャレたデザイン

本人は、このような複数の見方ができる作風が、自分のスタイルだとは思わないと語る一方で、作品にしゃれをきかせることは好きだと方っていているそうです。どちらの作品もブランドイメージを損なわずに、テーマが埋め込まれていてなかなか素敵ですね。

まとめ

この広告は現在中国でのみ利用されているようです。今回もかなり話題になったので、次回はさらにグローバルなプロジェクトもあるかも。まだ学生で今後の進路も検討中のようですが、これだけ話題になる力があればひくてあまたななんでしょうね!次回作にも期待!

ちゃお!

こんな記事もあわせてどうぞ

[Apple] シリコンバレーにかかったジョブスの虹
[サイト紹介] ほっこりできる有名人写真たち “This is not porn”
[メディア] スティーブ・ジョブス氏への追悼声明に見るWhite Houseの凄さ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中